監視カメラで内部不正の撲滅に

一般的な監視カメラに必要なものは防犯カメラ本体と専用の録画機、音声や映像を送信するためのケーブルが必要になります。ですが遠隔監視機能を持つネットワークカメラであれば防犯カメラ本体とルーターと本体を繋ぐLANケーブルがあれば使用することができ、wi-fiなどの無線LANに対応している物でしたらLANケーブルも必要ありません。このように設置の為のコストが大幅に削減できることも設置を考えている方にとって嬉しい事でしょう。

モニター遠隔監視機能の優れている点はどこにいても監視カメラの映像が見れる、というものです。遠隔監視であれば離れた所に居ても店舗でトラブルがあったときにすぐに対応する事が可能ですし、仮にレジでの不正が相次いでいるという場合であってもリアルタイムに監視する事が出来るので決定的な瞬間を逃す事なくカック人できます。

社員教育の為のマニュアルなどもしっかりと浸透しているのか従業員たちの普段の仕事内容も確認できるので、様々な店舗で防犯という目的以外にも遠隔監視機能は使用できるのです。勿論、遠隔監視を防犯に利用しても優れた機能があり、動体検知という動く物体に反応する機能を備えた監視カメラであれば人の動きがあったら映像を撮り始め、機種によってはメールなどで知らせてくれる機能も持っているので犯行現場を確実に抑えることが出来ます。